通販ならペット用品を簡単に購入できる|負担を減らして環境を整える

レディ

大敵から犬を守る

女性とドッグ

動物病院で薬を貰う

一匹見つかれば約100匹はいるといわれるノミや、夏場山の中や草むらなどに潜んでいるダニは、気温が暖かくなると活動を始めます。ノミダニを予防するには、動物病院で処方される予防薬を使うのが1番効果的です。予防薬には塗り薬と錠剤の飲むタイプの2種類があります。皮膚に塗られるのを嫌がる犬が多く、また塗った後乾くまで時間がかかるため、飲むタイプの予防薬の方が人気です。ついてしまったノミを駆除する時は、病原菌や寄生虫に感染する危険があります。またダニは様々な寄生虫や伝染病を運ぶ生き物です。自宅で取ることもできますが、間違ったノミダニ駆除法ではトラブルのもとになってしまいます。緊急時以外は動物病院で正しい処置を受けることをおすすめします。

季節に関係なく

暖かい家の中でノミは1年中繁殖を繰り返しています。ノミ予防には駆除剤の投与は大事ですが、部屋の掃除も欠かせません。犬の体についたノミは、体の上で卵を産むので、犬の行動範囲すべてにノミの卵が産み落とされてしまうことになります。そのため家の中からホコリを徹底的に取り除く必要があります。ダニは山の中にいるイメージがありますが、実際には身近な公園や空き地の雑草の中にもいるため、たまたまダニがいる場所を通ってしまうと体についてしまいます。ダニは顎の力が強いので中々取れません。強引に取ろうとすると顎だけが皮膚に残ってしまい犬が皮膚炎を起こすケースもあります。そのため自分で取るよりも動物病院で処置を受ける方が安心です。ノミダニがついてしまうと愛犬の体に様々な不調を引き起こします。愛犬のために日頃からノミダニ予防と対策をしておくことが大切です。